花の惑星

趣味の日記。

むかご

オニユリの球根とむかご(2年栽培)

オニユリの球根を掘り上げたので、まずは球根から。

オニユリの球根
メジャーより上にある球根は丸プランターで3球ずつ育てていたオニユリです。
全部株の大きさは一緒だったのに球根の肥大化に差がある…
それにもともと小さめの球根を使ったのにすごく肥大化しててびっくり。

それ以外は地植えでまとめて植えていた球根とその木子です。
今年はスミチオン(農薬)で対策したから害虫被害は少なくて良かった。
でも30球以上植えたはずだけれど10球くらい減ってるかな…

ちなみにプランター栽培の方法は……
Nシャンティ 丸プランター 38型 アイボリー(1コ入)【Nシャンティ】
Nシャンティ 丸プランター 38型 アイボリー(1コ入)【Nシャンティ】

この38型の丸プランターに3球ずつ植えています。
球根の十分な肥大化も出来るスペースがとれるので生育も良くて、水管理によっては地植えよりかなり生育が良いかも。
植える深さが確保できればプランターはなんでも良いですが、同じ品種3球植えにこの大きさが良くて3株植えだと華やかでとても綺麗です。

鉢底に敷く石や中〜大粒の赤玉土など2,3L+培養土14L(1袋)で深さもちょうど良い。
プランターは18リットル仕様ですがユリには十分な深さをとれます。

※もしかしたら‥オリエンタル系とLA系の超特大球はスペースが足らないかも?
あくまで球根を小さくさせずカビや寿命(?)等の不可抗力が無い限りずっと育てられる地植えに近い条件ということで。
単に咲かせるのならカサブランカの小球でもやっているので大丈夫。

球根はカビと周りが腐っている球根があったので今回も殺菌剤に漬けてからピートモスで包んで保管…
堆肥か改良材を植える場所に混ぜてからまた植え直します。


----------
ここからは植えてから2年栽培しているむかご。

むかごから育てた栽培2年目の球根を掘り上げました。
肥大化した小球は70球ほどになっていました。100球超えならず…残念。

通常の草花用培養土で栽培した球根
通常の培養土で栽培した球根です。
中央右にある大き目の球根は開花した球根だと思われます。
このくらいの大きさで咲いちゃうんだから原種ユリって良いよね。
小さいものは木子も含まれてるかも?

種まき用土で栽培した球根
種まき用土で栽培した球根です。やっぱり量が違う!
しかも安定した大きさ…種まき用土すごいね。改良材使ってなくて連続で同じ土を使ったのに。
ただ、どこの種まき用土か分からなくなってしまって。いろいろ買って試してみようかな

でも咲くか咲かないか微妙なラインの球根…これで1輪咲くのかな?
深さは65型のプランターで足りるけれど大きめのプランター買って試してみようか

前のプランターはプラスチックの劣化で割れてしまったのでこちらもピートモスに包んで保管。
早く植えて、来年の経過が楽しみだなー!

オニユリのむかご(1年栽培)

2010年から栽培を始めたオニユリのむかごです。
今年との比較。
栽培条件→種まき用土+65僖廛薀鵐拭室磴靴は10.5cm黒ポット、午後から日が当たる半日陰です。
施肥は肥効期間3カ月の化成肥料を適宜与えました。

むかごと1年栽培したもの
ちなみに左側4つのほうが右側6つより大きいのは65cmプランターで栽培したからです。
右側は10.5cmポットで栽培しました。
というのも、プランターを1つしか用意せずにほとんど蒔けなかったのです。残りは仕方なく黒ポットに。

新聞紙やスケールから分かるようにまだまだ小さいです…
また、種まき用土にまきましたが、以前の記事に書いたようにむかごなので有機質が含まれた培養土が良いです。きっとそのほうが球根も肥大しやすいと思います。
※(2012/08/18更新)肥大しやすいですが、種まき用土と比べて雑菌等が多いため、
途中で無くなってしまう割合が大きいです。
素直に深めの鉢に種まき用土を使って植えたほうが確実です…
くわしくは「
オニユリの子苗経過2012」へ。

1年栽培したものと開花球

これは今年3輪以上開花した球根です。(正確な数を覚えてなくてすみません)
他の球根より小さくてひとまとめに植えたのですが、きちんと咲いてくれました。以前より肥大したかな?
今年は栽培環境が悪かったことから、少なくとも開花するのは2年後になります。

勝手に増えることから地面に蒔いても良いのですが、小さいものの管理はプランターのほうが楽なのでプランターでやっています。
葉っぱが1枚だけでなく姿がユリらしくなってきたら地植えでのびのび育てたほうが良いかもしれません。

まだ完全に1年生組は地上部が枯れていないので完全に枯れたらポットからプランターに植え替えてあげよう…

オニユリのむかごまき2011

我が家に物心ついたころからずっとあるオニユリです。
我が家のオニユリは長年、この場所で世代交代して少しずつ増えてきたのかもしれません。今年は約40株が咲きました。
一般的に出回っているオニユリは種子が出来ませんが、葉の付け根に"むかご"を付けて、それを育てると3〜4年で花が咲くサイズの球根になるそうです。

残念ながら、私が調べた限りでは「咲きましたー」という記事はあっても、その成長途中をまとめた記事を見つけられませんでした。
かなり手さぐりな状態での挑戦です。

オニユリ

008

ここからが本題のむかごまきです。

mukago
これがむかごが付いている様子です。
植え付けがかなり遅れてしまった球根にはむかごが付いていませんでした。
むかご
これがむかごです。
今年は370個ほど採取しました。

育種箱

8月7日、むかごをまきました。
育種箱2枚に308個、むかごが隠れるか隠れないかの深さで覆土しました。
残りはプランター1個にばらまきました。
ほとんど覆土しない理由は、球根には「収縮根(牽引根)」という根があって、自ら潜る性質があります。
これは成長した際に、球根が浮いたのを地中深くに戻すために根っこが収縮する働きです。掘り上げるとぶよぶよになっている根っこがそう。
埋めても発芽しますが、浅い育種箱では底に潜ってしまう場合があるので注意です。
むかごはユリの球根に比べて乾燥には強いほうですが、日陰で乾燥させないでやると楽です。

昨年まいたものもありますが、成長途中ですので葉が枯れたら比較写真を載せたいと思います。
化成肥料で肥料やけしないといいんだけど…

これでいくつできるか楽しみ!
information

→ブログコンセプト
→当サイトのご利用について

当ブログの記事により発生した損害を投稿者は一切責任を負いません。参考にする場合は自己責任でお願いいたします。

ご連絡はコメント又はSNSからお願いします。出来る限り、返答します。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
当ブログの写真は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

記事検索
Archives